FC2ブログ

Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
それでいい。怖いのなら、目を瞑って手を伸ばせばいい。
一番怖いのは、手足を自ら切断してしまうことだ。

+++

風邪はなんとか治り始めたよー。
まだなんか鼻ズルズルしてるし咳も残ってることは残ってるんだけど、
テンションが徐々にあがりはじめたぜ。
私の体調の基準は「テンション」ですから。
ようやっとテンションあがってきたよ。
ご飯もなんとか食べられるようになってきたよ。米つぶうめえ。
そんな感じで、風邪は治り始めたわけです。
昨日とか一昨日とかは、風邪治りかけてはいるんだけど、
全然テンションがあがらなくて参った…CD感想今読み返してもめちゃくちゃだし(笑)
でも残しておく…。

ミクシィのレビューも増やしたいんだけど、
そこまでに到達する音源に出会えていないよ。
ミクシィに書く前にここで消化しちゃうしねえ。
ここでレビュー書かなかったら向こうに書いたんだと思ってくれればいい…。
ほんと去年の11月にlynch.のレビューしてから全然書いてねー。

最近自分の好みが偏りつつあるし、もうちょい視野を広げねば。
広いつもりでいたんだけど、やっぱり自分のものさしではかってしまう。
新しいとこは…今はまだいいかなあ。
手当たり次第聴いてもいいんだが(自分的に)ハズレが多そうな気がする…。
昔ほど冒険は出来ないのかな。残念。

+

といいつつ、めがまそを買ってみた。『涙猫』。
その前に新生あやびえを聴いてみるべきだったか…とは思うけれど。
今のあやびえを全然聴いて無いからいろいろ違うかもしれないが。
あやびえ=ぺこの世界、の公式を信じて疑わなかったとこがありまして、わたし。
そのぺこの世界はあやびえを通り過ぎてめがまそへ行ってしまったんだなあと。
めがまその音にはどうしても、疑問符しか残らない。
曲がよくないとか歌詞がわからんとか、そういうとこではなく。
もうちょっと個人的なとこなので、そこは書かないでおく。
とりあえず01『涙猫』のメロディラインはとても秀逸。
これだけ好きになったのは前のあやびえ曲『南極』以来のヒットです。
なんてことだ。
ぺこの世界、ひとりあるき。
03の、まるでファミコンの世界のようなイントロはとても懐かしくなって面白い。
ぺこの世界、無限大?

今のあやびえ、うーん。
来月までのお楽しみにしておこう。
ぺこが居たあやびえを見たのは結局去年の冬の1回っきり。しかもイヴェント。
今度見るのもイヴェント。しかも地元。
さあて世界は何色。

葵王子の声は好きだから、まだ歌い続けてくれていることが少し嬉しい。
森羅万象、見るのが初めてばかりで不安が多いけれど、
まあ、なんとかなるでしょう、きっと。

IMAGEでは流石にミラクルは無いだろうと信じて(笑)
来月何か差し入れするかな…ネタネタ…。

そういえばフールズの記事!ギルガメ!
愁ちゃんと弐ぃやん、髪切ってたー!!がーん!!
弐ぃやんのアジエンスヘアーが!!!(そこか)
ああしかしЯyoくんは可愛いなあ。めろり。
スポンサーサイト



Designed by aykm.