FC2ブログ

Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
風に逆らい、千切れていった、羽根、でも。
地の果てまで。行けると、信じたい。

+++

と、いうことで。
休日返上で勉強会をしてきました。
勉強会をしているさなかにあんな事件があったとは、な…。
最初は話を聞いた人が人だったからせんぱいの笑えない不謹慎な冗談かとも思ったけど、
夕方のニュースみてうわああああってなった。うわああああ。
線路、電車に飛び込むのもアレですが(山手線でありましたなあ)
11階で硫化水素とかまじかんべん…!あれ空気より重いんだから…!!

と、そんなことは帰り際に聞いたわけですが。
勉強家が終わった後はそっこーで着替えてタワレコへディスパの新譜を買いに!
待ちきれなくて、購入後即開封したらぜろさんでし、た…。
あああああまたぜろさん…いやきらいじゃないんですけど。きらいじゃないよむしろすきだよ。
でも、つかっさんが、よかった…。
ということで、遠方の知り合いがつかっさんをあてたとのことで交換。
ああもうほんと(歌詞カードの)つかっさん…!!
最初パッと見たときに「限定!?」と思ってたのですが思い違いのようで安心しました。
安心したけどつかっさんそれ10万超えるやつですね、わかります(涙)
…いいの、もう、牢獄ポロワ、あとはそれだけ、で。
しかしつかっさんはほんとかっこいいなあ。

そんな感じで新譜感想。

++

D’espairsRay『BRILLIANT』
01は例えるなら『MIЯROR』の先を行くようなイメージ。言葉にもそれが顕著。
きっとジャケットで砕かれたのは「鏡」なんだろうなあと。
鏡に映るものを壊し先へ。鳥は羽撃き地の果てへ。
ところどころにちりばめられた音がとても綺麗で、まさに「BRILLIANT」。
昔ほど夜の底へ沈むものもなくなった。絶望の先は光。
とても力強く力強く促される。
だからといって違和感は何も持たない。
ひずみちゃんの声は変わらない。カリュウさんの音も、ぜろさんの音も、つかっさんの音も。
その音はやっぱり『DespairsRay』としての音、そして色。
変わっていく音にこうやって寄り添えるのはとても嬉しい。
最近は結構離れがちになる傾向だったのでね…。
でも、表面上は変わっていっていても、根幹はそのままのことが多いので。
新しい一面を知れたのだと喜んでおくようにしています。
メロディはとても綺麗に通り抜けてゆきます。

02は逆に閉じこもっているようで。だからといって昔のように沈むところは、少ないかも。
むしろその殻から外へ外へと渇望しているようで、
やはりその意思は前。前というか先。とても遠い先を見据えているような、そんなイメージ。
絶望の底で何を見たのだろう。

2面性顕著、といったかんじでしょうか。
今と昔(っぽい)の、どちらもディスパの色としては申し分ないわけで。
これでこのお値段、ランダムフォトカードつきとはおいしすぎやしませぬか…。

昔のドロドロした曲もとてもすき(『ファシズム』は音源も映える。ライヴのほうが映えるが)
最近の、遠くを見るような力強い曲もとてもすき。

+

heidi.『イノセンス』
個人的には『渦奏』よりももっともっと聴きやすい、そして完成度の高い一枚という感じ。
これはほんとうに掘り出し物に近い感覚でした。
『渦奏』のクオリティも申し分ないのですが、
どうもヨチの声を生かしきれていないようなイメージがちらついていたわけで。
黒い曲も多めだったような気もする、し。
『イノセンス』はどちらかといえば走り抜けていく感覚。
とてもスピード感があってあっというまの1めぐり。
ゆったりとはじまったかと思えば瞬時に色を変える01に、違和感なく混ざる02、
ライヴで聴いたときにいっぺんに好きになったのはこの曲だ、と思ったのが『蜃気楼』。
heidi.のそれまでの哀愁退廃歌謡を一蹴するようなスピードの曲だし。
まあそういう雰囲気はまだ持ち続けてはいるのだけれど。
その中にまた違う色が混じっていてとても多彩な感覚がするわけで。
ゆるりと消えてゆく10を残してはじまるボーナストラック(ボーナストラック付きを買ったので)は、
それまでの色をまっさらにのばしてそして終わり、また01へと戻るのがとてもたまらない。

今度のワンマンは何色の景色が見えるのかなあと、
楽しみでならないです。

+

そんな感じで最近のヘヴィロテでした。
ヨチの声はとても好きなのですよ…!
伏見も似たような感じだし。
あと、てまたんもそんな感じかもしれない。
今度大阪行ったらRuvieの音源、今度こそ、あさりたい…!(予算なくて残念でした)
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。