Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
掴めない。手が、捉えられないのは、あの面影。
君は、何を見ていたの?

+++

ごぶさたです。
ていうかもう9月はぜんぜん記事が書けてなくて申し訳ないです…。
何も無い日はムリに記事をあげないように、としていたらこんなザマですか。
相変わらずいつも以上に何も無い日が続いたということです。
来月は法事もあるしすこしは代わり映えのある月であればいいなあ、
…来るしね、今年もね。
毎年こうなるからか、9月の終わりって微妙に憂鬱になるんだよねえ。
気が早いとでも言うべきか。
今年はどうしようかな、とちょっと考えてしまう。

今年はいつも以上に大事なものを、なくしすぎたから。

それでもまあ、わたしは歩いていかなくちゃいけないんだけどね。

来月はまあ、イイコトもあるし!
駅地下になんとLUSHがオープンするのですよ。
入手し損ねたシャワージェリーが欲しいな。
あとソープの買い置きが残り1個なのでストックと、
栄転なさるせんぱいがたに餞別のソープを!(芸が無い)
岡山にできるってことだけでもううれしうれしです。
最近のお気に入りは「ヴィーナス誕生」です。塩スクラブちょうきもちいい!
モイスチャライザーいろいろ試したけど、やっぱり「インペリアル」がいちばん合います。

+

ウツセミ

Plastic Tree『ウツセミ』

今回はボーナストラックを吟味したかったので、通常盤を購入。

ある意味『原点回帰』を彷彿とさせた前作『ネガとポジ』。
今回はどちらかというと前衛的、つまり「今のプラらしい」感じがきゅっと詰まってる。
それは日が沈む直前の「黄昏」の感覚に通じるようなものがあって、
暖かさの中にすこしだけの寂しさが漂ってる。
02のフワフワとした色が今回の軸かと思いきや、03はあっさりとそれを打ち砕く。
04はシングル曲『リプレイ』。
色は03に似ていて、それでいて02の浮遊感を持ってるから、中和剤。
シングル曲は耳になじみやすいので意識がリセットされる。
そこからいきなりあふれ出す。05の感情のメーターがふりきれる。
06は加速装置。感情のメーターがとまらない。
07はどっちかというとスピードダウンなイメージ。きらきらした音が印象的。
そこからゆるやかに08へ流れていく。
09はがらっと色がかわるから、閑話休題。
10で流れはまた加速してゆく。
けれど、それを11はひきとめる。
12(SE)を経て、13へ。それは『アローンアゲイン、ワンダフルワールド』。
優しい曲調と相反するかのように、淡々と刻まれる音が痛々しくて、
けれどとても優しくて、キレイで。
前作の『スピカ』も、その位置づけが絶妙で感動したものだけれど、
最後になるにつれて徐々にはりつめていく感情の波が。とても、ずるい。
14の優しさとかほんとうに、どれだけ包み込んでくれるのかと言わんばかりの。
15のSEを挟んで、最後に置かれた16は残酷なくらいのハッピーエンド。
今まで流れてきた感情をすべてまるっと受け入れて。
なんという機械仕掛けの女神。なんという強引なハッピーエンド。
そして世界は閉じられる。クローズ。

それでも許してしまうのはなぜだろうね。

+
スポンサーサイト
眠りたい。眠って、君に逢いたい。
逢えれば、どこでも構わない。

+++

光景、思い出すたびにちょっと震える。

確かにまあ、良いライヴではありましたが。
わたしが望んでいるのは「現状維持」ではないです、よ。
良い状態が続いていけばそれはそれで満たされるのだろうけれど、
確実にマンネリ化になるだろうし。
できれば「現状打破」かなー。破壊してその上へ。
今のままで満足だけはしていただきたくはないものです。
きっと上にいけるのだろうから。まだまだこれからなのだから。

と、まあ。
わたしがここでぐじぐじしていても現状は変わらないのかもしれないけれどね。
わたしは、わたしのできることをやるのみです。

そういえばUNDEADの更新お知らせようやく来た!おそかったな!
明日か月曜にでもサクッと行って来るよ。

+

プラのアルバムとめがまそのシングル、両方通常盤で落ち着きました。
めがまそのシングル初回盤はまた考えます。映像次第かなー…。

感想はまた追々。
もうちょい聴き込んで全体と中身を掴みたいものです。
プラもめがまそも読み解くのにけっこう時間かかるのですよ…。
ざっと一通り聴いた印象だけで言わせていただくと。
めがまそは「透明」、プラは…「黄昏時」ってかんじかなあ。
ここからもうちょい肉付けをして、曲を読み解いて…。
…たのしみです。うふふ。
サディも新譜がきまったし、lynch.も出るんだっけね?
楽しみは続きますなあ。
サディ、今回は申し訳ないけどFCイヴェントは見送りで。
Siderまた出てくるとは思うけどね!!(笑)

そういえばクアトロはなんか横に長くておもしろい箱でしたなあ。
柵ってうかカウンター?
なんかあれ面白かったです。
おかげで楽ちんなかんじでライヴを観察できたし、セトリも余裕でメモれたし。
景さんがあんまり見えなかったんだけどねー…。
下手で見てたから剣さんもあんまり見えなかった(笑)
後頭部だけ見えたよこのやろう…チョコボみたいな頭って、おもった(笑)


仕事終わりでピースに行って、咲兎たんに散々ぐちった。
うん、そうなんだ。
そうなんだよー。
どうしても、どうしても、答えは変わって往く。
あなたが信じてくれた僕は、ここにいるよ。

+++

Sadie summer tour 2008【Grieving the dead soul】@大阪CLUB QUATTRO

+
Grievng the dead soul
under the chaos
Baking the enemy
MAD-ROID
in Cave
+
obvious ballade
Payment of vomiter
サヨナラの果て
儚き理想 僅かな愛
+
サイレントイヴ
Obstacle Progress
Crimson Tear
Sexual affection
サイコカルチャー
CHILDREN OF DESPAIR
a holy terrors


+en+
Rock'n roll stinky people
Dustin'fucker life
迷彩?(景さんまちがえる)
妄想被虐性癖

迷彩
+
落ちるライト貴方を残し響き渡る蒼い、アカペラ。
時は止まり滲む、思い出。触れられぬ指。

+++

おやすみ連休!
しかし家のことをせねばならなかったので泣く泣くナミキは断念です。
大阪は行きます、よ。休みはもぎとっている。
やつらの音がどうなっているのか、5月から早4ヶ月。
新曲もいいかんじになじんでいるだろうし、オーディエンスのノリも固定され始めている。

つまり、いい時期。

そこに無知な自分が飛び込むのかと考えると想像だにわくわくします。
初めての空気ってすごくすきなのですよ。どうとでもなれる。
ある程度のタイミングはつかめる。あとは自分とステージとのぶつかり合い。
たまらんのー。
この真剣勝負の瞬間がたまらんのー。
まあ、悲しむべきはライヴ回数が減って、体力が落ちているとこです。
歳も取っちゃったしねー。軽く運動をしろということか。

タイミングもばっちり、大阪はセミファイナルだしね。
ああ、楽しみ楽しみ。ほんとうに楽しみ。

なんかサディってそういう構えをとりやすいというか、とらせてくれるというか。
他のバンドではこうもいかないんだよね。
完成されている世界になじみに行くというか混ざりに行くというか。
客観的に見れる部分もあるのはあるんだけど、なんだか違う。

…どんだけサディに必死なんですかという話ではあるけれど(笑)
必死というかなんというか、見守りたいっていう気持ちが上か。
他にもこう、全身全霊で好きになれたバンドっていうのはあったんだけどねえ。
やっぱり当時学生だったし、お小遣い少なかったからかな、手が届かなかった。

社会人ッテ、コワイネ!(笑)

そんなかんじで日々を生きているわけです。
アメブロも結局はじめましたが日々好きなようにだらんとやらせていただきます。
ペタとかねー。必死になれないのはもう年齢がアレな証拠です(笑)

明日は会社のひととカラオケです。
月の下で想う。月の下で吠える夜を、知っているから。
あしたはあると、なんとなく想うよ。

+++

日々はまわるものなのですな。
そんなかんじでゆるっと流されている日々。
サディ大阪はどないかしてでも行く。これはもう日帰りするしかないと思う、なんとなく。
ずっと会えなかったぶん、気持ちがふくらんでどうしようもない。
ブログがありますよそりゃあ。
なんかねえそれも、相乗効果で悪循環(笑)
いきたいな、くあとろ。
もうそれしかいけるところがないもの。
高松も、広島も、神戸も、だめだったから。

やっぱ会いたいじゃないか、1回だけでも、ねえ。

そんなきもちがあったのか否か。
昨日のお休みで突発的に大阪いってきました。
だって、ちょきん、あったんだもの。
遠征しないだけでこんなにおかね貯まるもんなんですね…(笑)
岡山市内に出て、ぼうっとしてて、
「どこいくかなあ……………そうだ、大阪行こう」みたいな。
新幹線であっという間に足は大阪へ。そして心斎橋へ。
かわらないごちゃっとしたアメ村はやっぱり居心地良いです。

LUSHとぴゅあさんとブラマリ。
ここしか行かないってくらいに限定されちまってますが、このみっつ回れればもう何もいらんので。

ブラマリはどうやら5月ぶりだったらしく(笑)
ナントモひさしぶりすぎる来店になってまいました。いやはや。
そしてお取り置きをしっぱなしだったブレスレットをやっとお迎えできました。
ついでにシルバーのお手入れのクロスとポリッシュも購入。
次はアトラスのブラウンダイヤねらいますね(にこやか)
やっぱりねえ、ちょっとおおきめのリングもほしいのですよ…。
今持っているのはマグノリアとレジェ。どっちも細身なデザインで2本重ねてつけていて、
ダイヤとジルコニアがきらっきらでニヤニヤなのですが。
対照的なかんじで…こう、大ぶりでインパクトのあるものがよいのです。
残念ならがドラードはにあわなかった。
インパクト一等賞のKAIリングもかわいかったけどあいつはチェーンが欲しいんだリッチカラー。
カタログには載ってなかったブラウンダイヤが意外とオレンジ強くて、
サファリのブラウンガーネットに合うんだ、これが…。

そういうかんじで。
こつこつと1アイテムに狙いを定めてゆくのがわたくしです。
アクセサリに関しては衝動はあっても手を伸ばすとこまではいきませぬ。
…お値段もけしからんことですし(笑)

ま、そんな感じで。
しばらくは出勤にもつけてにやにやしていると思われます。
ああ、もう、この重みがたまらない…。
さっきまでの通り雨が嘘の様に晴れていた。
皮肉な程青い空に、苛立ちさえ、忘れていた。

+++

ゆっくりと回復しています。
まあ、わたしはいいんですけど父さんがねー。
しんぱいです。ほんとうに。
仕事は3日から復活ということでどうかひとつ。
戻れるかなー。
1週間以上休んでるので感覚がありまてん(笑)がんばれおれ。

ついでにCD買って帰ろうね…!(笑)

真夏の宴で見て気になって気になって。
Dの新曲『闇の国のアリス』。
前作『BIRTH』もいまさらに聴いたわけですが「ああ、うん、メジャーだしねえ」で片付いて、
どうにもこう、当たり障りがなさすぎて物足りない感覚をひきずりました。
Dはこんなもんじゃないはずですが、と。

そしたらメジャーの2ndでここまでやるかという(笑)
真夏の宴で見たとき、サビから入るイントロで「あああー」と思ったけど、
そのイントロのなんとも重厚なこと(笑)
あなどってました。見くびってました。ごめんね…!!
しかしここまで姿勢を崩さずに、これを2枚目にもってこれたのはほんとうにすごいこと。
強いね。
このひとたち、ここまで強いとは思ってなかったよ。
『Dearest you』でなんか違和感を感じて、そこからずっと今まで離れていたけど、
ひさしぶりに引き戻されました。
真夏の宴でこの曲に出会えたことに感謝。

+

真夏の宴といえば。
よみちゃん、おうたうまくなってたね…!!
なんかテレビマジックですかこいつは。よかったよ。よかったよ!
逆にしょたまが心配になりました。
昔はもうちょっと音と言葉が聞き取りやすかったはずなんですが。
こちらもテレビマジックなのかはわからないけれど残念。
みくすけもうまくなってたねー。
昔のオムニバスは今聴いても笑ってしまうのですが。
あとアンカフェ見たけどギターの子うつってまし、た…?印象にありまてんでした(笑)
映ってたらごめんね!(笑)

ガゼット、ムック、プラに関してはもう貫禄が見え隠れなので何も言うことはありませんが。
『アゲハ』はほんとうに…!
イントロの構築っぷりから間奏のギターソロあたりまで「けんちゃん!けんちゃん!」みたいな(笑)
でもムックの色もちゃんと残ってる。でもけんちゃんの色が濃い。
なんかすごい不思議な曲になっております。
コテのたつえがかっこいいよね。うん。

ギルガメさんのアルバム、前作はミヤヤがプロデュースしてたけど、
今回はセルフに戻るそうですな。
わー、ほんと楽しみだ。
『Girugamesh』は重厚ながらも音がきちっとまとまってて聴きやすかったので。
今回はどうなるかね。崩してゆく?構築する?
前作みたく全曲まるっと書き下ろしとかいう贅沢なことになるのかしら。
デベデが60分ってとこもかなり惹かれるのですが(笑)
年末から待ち構えている47都道府県ツアも楽しみだし。
…駆け抜けるねえ、あのひとたちは。途中で止まらないように祈るのみだ。

+

ROCK AND READ新刊かったよ…!
なんだかんだで前号あんま読めてないんだけど。
なっしゅがかわいすぎやしませんかこれ!もう!なんてこと!!
あとはオーケンさんだったりネロくんだったりしてこれはこれでよい。

前号とあわせて読むのです。うふふー。
逆に最近Zy.に食指がむきませぬ。
おかしいな、創刊時代はあんなに好きだったのに、Zy.…。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。