FC2ブログ

Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
綺麗な言葉だけを飾り付けた日々は、終わって。
悲しみは、いつの間にか隣り合わせに座ってた。

+++

やっと長かった勤務も終わりましたよー。
まあ、特に何もなく無事に仕事は終わったのでよしとします。
今日明日と特にどうとでもない連休をいただいたので、おもいっきりのんびりさせていただくんだぜ…。
イラストもひさびさに何枚かペン入れまでもってゆけました。
取り込んで線画抽出、まではまあ、なんとかなるんだけどねえ。
これからのモチベーションがあがらないという(笑)
でもまあ、やるからには最後まで仕上げねばね。
次の休みでどこまでできるかのう。

そういえば。
家の裏山に住み着いた野良猫さん。
子猫の頃から見ているのですが、まあ、近づいたら逃げられるのは当たり前なんですけど。
最近住み着いた別の野良猫がおとなしくて(首輪していた)、良く撫でさせてくれるので、
その子ばっかりナデナデして甘やかしていたら、最近なんか甘えてきました(笑)
ナデナデさせてくれたのですよ!調子に乗ると逃げますけど(笑)
かわいいこだ…きょうだいが一匹いたけど、どこか行っちゃったねえ。
あと、たまに来る野良猫が子猫連れてきて焦った(笑)

…なんか最近、家の周りに野良猫多くない?(笑)

+

Ambivalent Ideal(初回限定盤)(DVD付)
lynch.『Ambivalent Ideal』

なんという悲哀よ。
はじまった瞬間の、01の不穏さといったら比類ない。
そこからじわりと染み出すように声がからまって、音が徐々に感情をあらわにしていって。
Bメロであふれだす激情。サビでそれは急速にほどけてゆく。
しかしサビの感情は、控えめな音だからこそ、その下に見え隠れしているものが恐ろしくてならない。

「さあ、おやすみ」

葉月の言葉は単純でいて、だからこそ含まれる感情・意思の絡まりが半端ない。

02はただただ勢いですべてをさらってゆくね。
音としてのレビューが非常にしにくいつくりとなっております…。
こういう系統の曲は言葉ではなく、肌で感じるもの。
ということでライヴで聴いてからまた改めて聴けば、何かわかるんだろうね。

+

明日は不在者投票にいってまいります!
投票日にいけないことはないんだけど、めんどくさいからねー。
不在者投票がラクチンなのですよ。
スポンサーサイト



Designed by aykm.