Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
全部モノクロじゃない。光まみれで、君と、手を、繋いでいたっけ?
そう。繋いでいたんだ。

+++

おそくなりましたが26日の森羅万象いってきました。
いつもの位置でマッタリと鑑賞、うん。

●Moran
いきなりPVが流れておお、と。
そしたらスクリーンがあがり幕があいたらメンバー板付き。
…2年ぶりの晋平ちゃんでした。セトリはそあのブログにあります、よ。
世界観がはんぱなく良いです、きれい。とてもきれい。
晋平ちゃんの動きとかMCの電波っぷりとかは、2年前1度だけ見たんだけど、
あの時と変わってないなあ、と思いまして。
楽しかったです。『Party Monster』ちょう楽しかった。

●HERO
今回悩みに悩んだ末、ここ動員で入らせていただきました!
高橋おかえり!ちょうおかえり!!
新しく加入したドラムの人をまだぜんぜん把握できていなかったので、
最初登場したときぽかんとしてしまいました(笑)
そのあとユッタが登場したのでわかったようなもんで、す、うん。ごめん。
高橋のMCの毒舌っぷりが面白かったです。暴言吐きまくりだね、君は。
でも次にやる曲を派手に間違えてユッタに突っ込まれてました(笑)
「デスヴォイス!」と煽ってくれるので、非常に助かります。
デスヴォイスのときだけ無駄に元気になってすんません。

●SuG
こちらもPVが流れてから本編。
『Altena』をやってくれてちょっとテンション上がりました。『Altena』だいすき。
たけるは唄うまくなってきてるねー。としみじみ。
最初のMCで高橋を真似て可愛く煽るたける。
…うん、君のほうがあんま毒気がないから、かわいいよ(笑)
あとは全力でちゆつんに咲いておきました。

●アンド
予備知識がまったくなかったので未知の領域だ。どうしよう、と思ってた。
ら、甘かった。すごい笑ったというかなんというか…。
ボーカルの人は4~5年前のるきちゃんのようだったんだぜ!?(笑)
あと上手ギターの人がJapanのついてない頃のTOSHIだった。ほんとに。
あなた時代間違えてませんか…!?
なんかいろいろ笑った。音はヘヴィ系だったんだけど咲く、の?そうか…。

●ダウト
今回どこよりもはしゃいだと豪語できます(しかしHERO動員)
フリはボーカルを見ればどうとでもなるのです。たのしかったです。
物販でタオルも買えました。
そしてありがたくもタオルぐるぐるする曲やってくれたので、思う存分ぶん回しました。
しかしぶん回してる人、少なかったんだぜ…?
さみしいのう。
MCではまさかの、岡山の某高校落とされました発言とか出てくるし。
…初めて聞いた、とベースの人が言うておりました。あれー?(笑)
アンコールもやってくれました!煽りの長いやつ。『フラッシュバック』って言ってたですな。
そういえば新曲、踊ってくださいと言われたがフリ何もなかったじゃーん。
ともだちのMしゃんと勝手にフリ作って遊んでました。

ていうかほんとにダウト動員少なかった…?
わたし好き勝手遊んでたらぱらぱら回りの方々が真似し始めて焦ったんですけど(笑)
いや、も、参考にしないで!(笑)

+++

そういえばダウト主催の面子も見ましたが他に惹かれるものもなく…。
夏のSWも去年ほど惹かれるものもなく…。
見送りで。
ダウトは楽しいのですがダウト動員…うーん…なやむ…タオル買っちゃったしな…。

しかしやはり、行くからにはめいっぱい楽しみたいので。
今回は見送ろう。うん。

6月はジュリィーだしね!!伏見覚悟しておれ。
スポンサーサイト
君が降らした小さな雨。薄れてくのは、悲しい記憶。
全てに笑いかけられたら、離れないでいられた、かな?

+++

気づけば終わってしまっていて。
その、始まりの音は『理科室』で、もうそれだけで涙が止まらなかった。
おつかれさま、きみに出会えてよかった。

+

さてさて、何事も大きなこともなく日々過ごしておりました。
3連休はフル出勤だったので華麗に死んでました、よー…げふり。
やっと休みです。
職場の狩り会(モンハン)もちょくちょく参加しておりまして、現在HR6の緊急クエストどまりです。
これクリアしたらHR7、念願のG級に昇格でございま。
がんばりまー。

そして明日は森羅万象ですよー!もらん!ひーろー!!
高橋おかえりぃいいいいいい!!!!
しかしいちばん要領がわかるのがダウトなんで、たぶんダウトではしゃぎまわってると思われます。
もらんは光る指輪があるとかで(R*A*Pか!)…うーん。
今後見に行けるかどうかもわからんしなあ。それを思ったらダウトのタオルも同じか(笑)
でもタオルくるくるすきなんだよねー…他のタオルにしようかしら。
動員どこにしようかしら。とまだ悩んでいたり(笑)
バンドは違えどさぁしとちゆつんを同じステージで見られるとはねえ。ウフフ。
HEROとサディで対バンすりゃええのに(笑)さぁしと亜季様!
大阪ライカ行ってジェッツの等身大パネル見て爆笑しました。
顔がくりぬけるようになっていたなあそういえ、ば…。

+

あ、ブラマリのカタログとどきました。やっぱり前の住所でした。
今度心斎橋店行ったら言っておかねばの…。OKMTさんもうおらんけど。
フェアははずしていきます。ていうかフェアのあたりはサディで広島遠征ですから。
逆行しますから。ビヨンクールいこう、かな?(笑)
カタログとオフィサイトではどうも掴めないもので。
オフィのコレクション一覧でなんとかかたちは掴んだもののサイズ展開が、ねえ。
限定モノは値段が大変けしからんことになってたんで、相当大きそうだけど。
青鳥シリーズのネックレスとリング、見てみたいなあと思う次第です。
…羽根モチーフはけしからん。かわいい。かわいいは正義。

ひとつネックがあるとすれば石のカラーですよねえ。ブルーダイヤ。
モチーフというか今回のコレクションの世界観がまあね、うん。
しょうがないっちゃしょうがないんですが、赤色マニアのわたしとしては…。
既存のコレクションと非常にあわせづらいです。
サファリもつけられんなあ。REGALIAのナイトローズはまだいけるか。
それかカナリアリングを2本目のピンキー…。
マグノリアとレジェはクリアカラーなので合わせられるとは思うが、アトラスがブラウンダイヤ。
アトラスすらブルーダイヤを避けたのにね(笑)
ネックレス、フロワのはノーマルシルバーだからいいけどグロウと朱雀さんが赤だからねー。
グロウは黒?んーでもガーネットついてるから微妙だなあ。
なんか中途半端にいっこ買うと非常に浮きそうだ。

これならむしろKONRONのラブローズ買ったほうがいい気がする(笑)
赤色だしー。
薔薇だしー(REGALIAのナイトローズに合いそうだ)

とかいいつつ、実物見たらまた違うことになりそうだし。
今度のサディの大阪遠征で見せていただくとします、うん。
軋む振り子。止まりそうに揺れてる。影、見失った。
祈るように泳いだ視線。夜明けと、君は、遠くて。

+++

メガマソ2009春ツアー”OVER THE GLITTER!”@岡山IMAGE

+

ライデンムシュフシュ
サスクワッチランカー
雨楽器隊
肌色
芋虫の主
METEO
ブルーブイネックジャパン
BLESS
よる、さかな、かぜ、つらりな
white,white
純粋培養
トローネエンゼル
スウィトスキンライクアキャンディ
機械化人マディソンの友達
バイパー
LIPS

+en
しずかなほし、しずかなひとびと
SUPERNOVA
鞦韆
パラディサヘイロー
振り向いても、足跡はもう、見えないから。
戻れなくなる僕らはこのまま。消えそうで。

+++

明日働いたらまた休みー…とてもいいシフトです(笑)
明日は新人さんの指導日だから普段のらくちんが輪をかけてらくちん!
だらだらしますぞ。うふふ。
昨日は最後にトラブルに見舞われて40分残業しました。
ていうか、上司、そんだけいたなら…もうちょっとこう、さあ。
あすこ夕方からずっとグダグダしてたんだからいてあげてくれよう。
ギリギリになって出てくるとはいい度胸をしていらっしゃ、る…!!(笑)

まあいいけど!ぜんぶさばいて帰ったもん。

そしてサディはんのデベデぜんぜん見れてません…。
ライヴのだから見るまでが長い、1度みたら満足の勢いだからなあ。
でも買うんだぜ。市販の通常盤はいらない、かな。
それよりもぜんぜん入手できていないジュリィーのミニアルバムが!(涙)
なんで地元ないねんタワレコ。なんで置いてないねん。
こないだ行ったらインデクス撤去されててマジヘコんだんですけども。
かんべんしておくれよー…。
そこまでないってありえない。
どこかまだ置いてないかなあ。タワレコ音源つきで(今更言うか)

…4月に広島で探します。ぐすん。

音源といえば。しょーかが音源出すとかで今からうきうきしています。
おかえりしょーか…!!
イヴェント系はぜんぶ関東圏くらいなのでもうギリギリギリギリしています。
遠いわ。
あと対バンがアレなんで個人的に…なんか微妙という…(笑)
つーはんしますよ。つーはん!!

ああそういえばメガマソワンマンも目の前!
まあ、メガマソは特に気負いもなく気楽に楽しめるので。
楽しんできますとも。
今回はTちゃんもいっしょだからさみしくないんだぜ!わくわくだ。
「歪んでる日々。空回りさえ、今始まった事じゃない。
なくした事が悲しい、なんて例えないでね。意味はわかる」

+++

さて、仕事も終わりディスパのアルバムは無事に初回・通常ゲットです。
吟味した結果初回はつかっさん、通常はひずみちゃんでした。
まあ、わたしにしては良い結果です。いつもつかっさんには逃げられているから…!(笑)
『KAMIKAZE』のときなんて初回・通常両方ともぜろくんで崩れ落ちましたから。

交換お待ちしています、ひずマニアの方!(笑)

そんでもって11日はMさんとランチしてからがっつりおしゃべりコースでした。
趣味好みが割りと似ているのでいろいろ盛り上がって楽しかったです。ありがとうMさん。
ただ…夜勤明けだったからテンション低かったと思います。ごめんなさい!
今度会えるのは地元ディスパかなー、なあんて。

今日?今日は休みだからがっつり引きこもっていますよ。

+

REDEEMER(初回限定盤)(DVD付)

D'espairsRay『REDEEMER』
「ああ、これはディスパの音だ」と頷かずにはいられない01。
ゆるりと「導入」を果たしたそれから繋がる『BRILLIANT』の位置は絶妙。
『BRILLIANT』に限らず今回のアルバム、シングル曲の位置がどれも良い。
『KAMIKAZE』、『HORIZON』も、アルバムの音によく馴染んでる。
今回はやっぱり「意外だ」と呟いてしまう曲もありまして。
04、10とか、特に07とか。
『[Coll:set]』の世界から『MIЯROR』を経て今回。
音の流れは確実に変化を刻んでいってるのがわかるなあ、と思う。
タイトルチューンにもなってる03はライヴで映える色を持ってる。
昔の色を残しつつ、今の色をよく混ぜているからとても聴きやすい感じ。
で、今回意外だった曲の04。
イントロの雰囲気からして『闇に降る奇跡』を想像したけれど、
刻まれる音はそれほどに沈む意識はなかった。
ライヴでの位置が逆に楽しみでもある。こういう曲を何から繋げて何へ繋げるの、か。
アルバムでは05、『KAMIKAZE』へと繋がったわけですが。
曲がゆるやかに、それでいて強いからほんとうまい。この位置の『KAMIKAZE』が。
06はサビが秀逸すぎる。Aメロからの流れから一気に加速する音が心地よいです。
そこから一瞬時間が止まるように挟み込まれた07。今回の意外曲その2ですが。
Aメロの静けさに寒気すら。そこから感情が爆発するように音がぐっと重ねられるサビ。
ディスパもこういう曲をするようになったのか、と。すこし複雑な気持ちではあります。
ある意味聴くほうも音も絶望感満載の07から抜けるように空気をがらりと変える08、
『HORIZON』に少しだけ救われます。絶望を与え続けてきた彼らに見えてきたものがあったのかな。
09はとてもフラット。どこに置いても曲の意思は損なわれないと、思う。
そして今回の意外曲その3、な10。
『HORIZON』とはまた違ったベクトルの力強さがあるような。そんな印象。
11。最後へと繋がる一端。寄せては返す夜の海、そんな印象。
同期の音が余計にそういう印象を持たせているのかなあ、なんて考えてみたり。
アルバムの流れとしては中盤あたりに置いてもよさそうなものだけれど。
そうして12へ流れてゆく。
流れていって、そして、音は、声は、言葉はこころに降り積もる。

「君」と何度も呼びかけられる。

最後に、消え入りながらも叫ぶ声に、まだ終わりじゃないことを示唆される。

きれいにまとまっている印象、もある。
やっぱり変わらない音はないのか、と強く現実を突きつけられているような、そんな意識もある。

変わりゆく音を、これからも見ていこうじゃないですか。
いつの間にか浸りきった。心地のいい。甘い、痛み。
救いの無い世界よりも楽に。なれる気がした。

+++

お休みです。
まったりと昼まで眠りましてのんびりしております。
…予定では新神戸に泊まって、今日大阪に移動して、
インスト参加して帰りたかったんですが、ねー。
ま、いいでしょう。これもありだ。
手紙は昨日渡したしねー。スタッフさんありがとうございました。

昨日ですねえ。
なんかすっきりと目覚めたので予定より1時間早く行動できまして(笑)
ハコ初めて行くから場所を探そうかなあと、携帯で地図調べて、
のこのこ歩いてったらなんか…入りがまだだったようで…。
逃げました(笑)
そこからまた通りをぐるっと歩いて生田神社へ。
ちょうど結婚式をやっておりました。
お賽銭もいれてサディのツアの無事をお祈りしておいたんだぜ!?(笑)

その後コバラが減ったのでマックでぼけっとしてからSちゃんと合流。
Sちゃんのコスの準備があるとのことで、どっか入ってトイレよりはカラオケでよくね?
ということで急遽カラオケに入ることに。
隣の部屋からサディやらDirやら聞こえてきてもう大笑い。
準備が終わってからプリ撮りました。
ひさびさ撮ったな…プリクラ…。

で、会場へ。
KしゃんやHさん、こないだの旅行でお会いしたYさんにもお会いできまして…。
うん、とりあえず会えそうな方には会えました。
Yさんに至っては番号がわたしの次だったという。なんというミラクル。

ライヴの後はSちゃんとサイゼでごはんたべて、さくっと帰宅しました。
Sちゃんは次の広島と大阪も参加するそうなのでまた遊べる。ワーイ!

そんな感じの8日おぼえがきでした。
神戸コレクションに佐藤が出てたときいて(シークだったそうですが)がくぜんとしまし、た。
えええええなんということだああああああ(笑)

+

今日の話題なんもないからねー(最初の段落で終わったわ)
もう、しゃべり出す矛盾には、罪と罰を。
そう。ビンに詰め投げ出せば、いともたやすい。

+++

SPRING ONE MAN TOUR 2009【MASTER OF ROMANCE】@神戸VARIT.

+

SE
+
Scarlet
Crimson Tear
VIRTUAL FAKEMAN
marionette
MAD-ROID
+
Grieving the dead soul
サイケデリックケミカルムービー
in Cave
Parasite scene
+
アゲハの亡骸
サイレントイヴ
Swallow Rain
+
Ice Romancer
Struggle against betrayal
Sexual affection
心眼
陽炎


+en
CHILDREN OF DESPAIR
サイコカルチャー
迷彩
「忘れないで。」って。僕は、ただ唄って、
「忘れたいの。」って君は、ただ、踊る。

+++

さて、本日からはじまりましたねサディのツア!
明日の神戸に参戦です。参加される方よろしくおねがいします。
転がります。
転がれたら…いいなあ。
2009年初転がりでいきたいなあ。
ということで『妄想被虐性癖』、すごくやってほしい(笑)

懸念すべきは既存とアルバム曲の混ざり具合。
『陽炎』の立ち位置、『Swallow Rain』の意味。えーとえーと。
あとは既存がどれだけ淘汰されてるかも見ておかねばね。
『Newage Sliser』に何を繋げてくるか、だけど。
ひさびさに『obvious ballade』とかで始めてほしいなー。
『Empty Room』聴きたいなー。
『waver in darkness』聴きたいなー。
京都のセットリはまあ、後々のモチベーションにもかかわるから今回は探さないでおこうか。
神戸・広島・大阪しか行かないけどね。
神戸から広島までまるっと1ヶ月くらいあくから逆に楽しみでもある。
1ヶ月やってきて、その上でどう変わっていっているかっていうのが見れるじゃないですか。
楽しみだなあ。
ほんっといろんな意味で楽しみなんです今回のツア。
前回の夏ツアがぜんぜん見れなくて不完全燃焼で、大阪だけで総意っていうのもアレだし。
3箇所でわたしがどうつかめるか。たのしみです。

+

あと楽しみといえ!ば!
ジュリィーが岡山にきてくれるそうで…!!Rに教えてもらってぶっとびました。
ふしみにあえるんだ、よ…!?ほんとに、岡山で会えるのか、な。
…あああ、たのしみすぎる。ほんとにたのしみすぎてちょっと吐きそう(笑)
しかもいまげとペパー2箇所って!しあわせだ…!!
もうこれはほんと、2箇所ともいかねばなりますまい。行かねばなりますまい。

ありがとう。
ありがとう、伏見。
幼稚な気持。ガムシロップ。甘い思想は吐き気をもよおす。
待ち望んでる救済の手。モノクルオシイ自己喪失感。

+++

MASTER OF ROMANCE(初回限定盤)(DVD付) MASTER OF ROMANCE

サディ『MASTER OF ROMANCE』

全体的に音の振れ幅が大きくなっている。
『The Trend Killer』の頃なんかは一貫したヘヴィサウンドの音に彩られていたけれど。
今回のアルバムは割と新しい音が多めの印象。
シングル曲もいいアクセントになってはいるんだけど、うーん。
やっぱり『Ice Romancer』と『Grieving the dead soul』は逆のほうがよかった、かも。
01から02、そして03へ行く流れは悪くはないんだけど、
『Grieving the dead soul』はその曲単体でかなりの強さを持ってるから、
アルバムの最後らへんに置くよりはやっぱり「導入」にもってったほうが合ったかなあ。
03の曲調に合わなかったのかもしれないけど。
あとは、驚いたといえば08。こういう曲もやるようになったか、と感嘆。
けれどもこれはかなり諸刃ではあるよね。曲自体のインパクトが強いから、
ライヴで置きどころを間違えたらかなり浮く危うさも持ってる。
逆にしっくりハマればこの曲はライヴの加速度をより一層引き寄せられるだろうね。
ある意味ラスト曲よりも重要なことになりかねないかも、と個人的な感想。
初回盤ボーナストラックの09、こ、こういう曲だったっけ…?
もうちょっとパンクっぽく疾走感のある曲だと思っていたんだけどなあ。
なんかライヴのときと印象が違うから原曲というか、昔聴いた感じとは違うものに仕上がってるのかなあ。
ちょっと残念。やっと音源化した、と思ったらコレですか。
ライヴの置きどころがすごく悩むんですけど…何から繋げて何へ繋ぐつもりなんだろう…。
04はライヴありきな感じが美月くん曲っぽくていいと思います。
どっちかというとモッシュというよりは民族移動したくなる。笑顔の凶器。狂気の笑顔。
で、ラストの12ですが(通常盤だと11)。
『Empty Room』くらいの音を予想してたらすがすがしく裏切られました。
叫ぶ音は果たして必要か、と最初のサビを終えたときに思ったんだけど、
徐々に徐々に盛り上がる音と重なった瞬間に、それは杞憂だったと思った。
空っぽの部屋に雨が降る。空虚な部屋の空気につぶされそうになる。

既存を潰そうとしているのかもね。
既存を払拭して、「サディの色」をだんだんと持ち始めてきたのかなあ、という淡い期待。
これをまたひとつの通過点とするならばある意味、成功ではあるのかもね。
うん、これはまだ通過点。
ここから先なんだよね、問題は。
ライヴでどう見せる。どう音を出す。
既存とどうあわせるか、だよねえ…まあ、多彩だからどこに織り込んでも遜色なさそうだし。

あとはやっぱり真緒さんがうたいきれるかというあたり…。
12なんかはほんとに、意思の重さがなかなかだと思うのでね。
感情を張り上げていっていただきたいものです。

なんにせよ、8日がわたしの最初の地点。
ツア2日目だからまだつかめていない部分も、向こうもあるだろうしね。
そういう意味でもとても楽しみではあります。
サディのライヴはただただ手放しに褒めちぎらないのがわたしです(笑)

とはいえ、そういう点の話もぜんぶ、わたしの視点ですからね。
ズレが生じるのは仕方が無いところなのです。
そういう感じで、細かいライヴの感想はこっそりと別のところで吐き出したいと思います。

あとは…最近ぜんぜんアメブロを稼動させていないのでそっちも(笑)
アルバム1曲ずつ感想とかやってゆこうかな。そうしよう。今決めた。
ここで見てた。そこで見てた。物語、とぎれてる。
今日は塞ぎ込んで、また、すぐに少しずつ描いてみよう。

+++

おしごとおわりました。つかれたー。
明日は休みで、NoGoDのライヴがあるそうです。
Rが行くようなのでまったり開場前くらいまであそぼうかなと思っています。
…雪みたいたけど!
電車動くかなあ…。

で、わたしは参加しませんよ。と。
先日Kさんに頼んでいたサディのアルバム2枚届きましたから。
もう届いたその日の夜に即でiPodに入れてぐるぐる聴いています。
イラストの下絵が1枚できてしまいました。恐るべし。
あと特典DVDが3枚ほどあるのでまたじっくり見ることにします…(笑)
たのしみすぎる!!
レビューというか感想というかなアレコレはもう少し聴きこんでからにします。
なんか聴くたびに色が変わるから言葉が選びづらいですよ。
一応第1印象的なコメントをつらつら書いてはみたものの、一晩寝かせたら何コレ!です。

まあ、思ったよりも多彩で驚いた感はあります。
『陽炎』とかほんとにね…やられたわ…。
SHOXXインタビューに軽く原曲者のことも載ってるらしいので、そいつをトェックしてからまた聴く、と。
情報は多ければ多いほど予備としての意味はなされるけれども。
それに埋もれたら自分の耳が疑わしくなるからほどほどに、ですな。

+

めがまそのチケも確保。
そして森羅万象のチケも届きました。

3月はこれで生きてゆけます。むふふ。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。