FC2ブログ

Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
何も救えない人たちには。
両手の中、灰と涙と寡黙を。

+++

京くんがわらってた。
それだけでもう、充分すぎるものを貰った。
最初のアンコール。動けなかった。
メンバーがはけても、何も言えなくて、動けなくて。

アンコール、と声が上がるまで、ひどく長く感じた。

叩きつける音。
吐き出される声と痛みと、キミの血と。
叫ぶ音と。

明日。もう一回。
たった一度だけでもいい。
自嘲でも苦笑いでもなんでもいい。
キミの笑顔が見たい。
わらってる、京くんが見たい。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。