FC2ブログ

Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
貴方は私を忘れるでしょう。それでもかまわない、それ、でも。
遠く、長いあの夢に、今でも、溺れたまま。

+++

やあそんなかんじでGULLETの音源を入手いたしました。『Hide&Sick』。
ある程度の情報というか活字だけで(RRの玲央先生の文章のみだけれど)入手してはいたけれど。
玲央先生の言うとおりだなあ。これは確かに。
漾さんのコエは、がならせたらだめだったんだ、な。
『a withered flower』の「低い空を見た」のとこ。最初のとこ。
あのコエの出し方が芸術の域かとまでに思えたよ。鳥肌立った。
とても綺麗なコエだった。
もしあのままだったら、もしかしたら、違う景色が見れていたのかもしれないね。
けれどまあ、今はその出会いと数奇な運命に感謝しつつ、耳を傾ける。
誰が悪い、とかじゃないと思うよ。玲央先生はああ言ってるけれど。
それが、そうなる道筋だったにすぎないのかもしれないよ。
今となるための出会いと別れだったのですよ、きっと。

…言葉がチープだなあ。あんまりいい響きじゃないなあ。
まあ、とりあえずその曲みっつ。聴いて、そう思いました、ということで。
きらいじゃないです漾さん。むしろ好きな部類だ。
9gortsってどんなんなんだろう。Yたんに聞いてみるべきか…。
来月のDirまで会わないかなー。その前にわたくしがリタイアするやもしれませんがね(笑)
だってUNDEAD限定、が…!!
そういえばメルマガがきて初めて「あ、そうなんですか」と思ったわけですが。
FC限定だから細かくはかけないけれど、なんていうんだろう。
最初はイコールでくくれるのが某氏だとばかり思っていたのですが…。
べつじんだったなんて…!という心境です。今。
mixiのほうも覗きましたが、どうするかなーと…いう感じで…。
とりあえず静観の方向で行きたいと思います。

それよりも気になるのは追記されたアレですよ。
オフィに書いてあるライヴマナーまるっと転載(違うかもしれないけど)とはどういうことだ。
なんでそんなもん書かなきゃならないのか。答えはひとつだ。
守れてないからですね。間違いなくそうですよね。
再三言われても守れないのってなんかさみしいなあ。
ちょっと考えればわかることだろうに。
すこしの思いやりと我慢、ですよ。
わたしはたとえ最前でも『妄想被虐性癖』がきたら転がるために柵を手放せるよ!
ていうか実際に手放したよ!去年のワンマンで!(笑)
まあそれはあんまり関係ないですけど。
…そういえば。
確かに言われたなあ…「柵とってるんでどいてくれませんか」って。こないだ。
いつだれがとったよ!って話ですけど(笑)わたし1桁なんですけど(笑)みたいな。
わたしが柵をゆずったのは、数子のお嬢さんになんだぜ…。

ていうかまあわたしも大概ですけど、最前の柵とってそんなに楽しいもんかねえ…。
そりゃあとれればいいなあって思いますけど。荷物置けるしヘドバンしやすいし(笑)
何をそんなに必死になっているのかがいまいち理解できません。
そう考えている時点でわたしの必死度なんてたかが知れてます(笑)
そんなもんですよ、わたしは。
どちらかといえばネタに必死。

…なんか愚痴ぐちしたな。もうしません。
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.