Brightly.

歩んできた僕らの道標。あの日あの時忘れはしない。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
見えないものを見える、と言える、強さがあった。
なぜか涙があふれても、それでもきた、道。

+++

おつかれさまでした渋谷公会堂。

それは6年前の1月。
それは5年前の2月。

それぞれの日に、あの場所に置いてきた想いがあった。
忘れたことはなかった。
ふと、冬になると思い出してみたりした。

その想いが、あの日、ゆっくりと動き出したような、そんな気がした。
終演後に泣いてしまったのは、ライブに感動したからじゃないんです(笑)
真緒さんが冬にツアーをやると言った瞬間からもう、涙腺崩壊しつつあったもの。

5年前も6年前も、「続き」がなかったから。
そこで終わりだったから。お別れの日だったから。

だから、「次」があったこと。
これで終わりじゃないんだと、信じていいんだと知ったから。
うれしかった。

今年はサディに泣かされっぱなしです(笑)
FC旅行、カウカル、岡山ワンマンに渋公。

ほんと、渋公を選んでくれてありがとう。
選んでくれたからこそ、踏み出せた。
ほんとうは少し怖かったけど、大丈夫だよね、って信じられた。
隣には友達がいてくれたし。
みんなに支えてもらえてほんとうに、贅沢者です(笑)

ほんとうにありがとう。


+++

フライヤー配りの群れを抜けて渋谷駅に帰る途中、
その群れの最後に居たのはきさら姫でした(笑)
フライヤー受け取って歩き出して、思わず戻っちゃった…。
びっくりした…。

翌日、自主盤できさら姫のジャケットで限定音源買いました(笑)
きさら姫、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。